HOME > アポスティーユとは
アポスティーユ取得代行サービス

お問い合わせをお待ちしております
TEL. 0120-495-985
営業時間 10:00 ~ 18:00

メールでのお問い合わせは、
「こちら」
からお願いたします。

アポスティーユとは

アポスティーユとは、登記簿謄本や戸籍謄本など日本の官公署、自治体等が発行する公文書に対する外務省の証明のことです。

海外において婚姻・離婚・出生、VISA取得、会社設立、不動産購入などのために日本の公文書を提出求められることがありますが、その際に提出先機関等から、外務省の証明を取得するよう求められることがあります。

原則的には、外務省の証明は「公印確認」と呼ばれる証明となるのですが、この証明単独では提出国で使用することができず、公印確認取得後に日本にある提出国の大使館や領事館で「認証」を受けなければなりません。

しかしながら、例外として「外国公文書の認証を不要とする条約(略称:認証不要条約=ハーグ条約)」に加盟している国であれば、外務省にて「付箋による証明(=アポスティーユ)」を受けることにより、大使館や領事館での認証を受けることなく提出国で使用することが可能となります。

上記の通り、アポスティーユはハーグ条約加盟国に対してのみ有効であり、事前に対象国であるかどうかを確認する必要があります。

また、ハーグ条約に加盟している国であっても、使用目的や提出先によって駐日大使館または領事館の認証が必要となる場合もありますので、注意が必要です。

 

お問い合わせはこちらから

無料相談実施中

電話での相談は

メールでの相談は


ページトップに戻る